きまぐれポロロッカ

気分のまま

マジフォー全曲レビュー(1/3)

友人にマジフォーちゃん全曲レビューして!って言われてよっしゃやるわって安請け合いして地獄を見た。次の記事は次のエントリ。完結編は次の次のエントリにて

新規にもファンにも楽しい文章を目指したけれど、どうなったかは見たらわかるので読んでください。
異論は受け付けますが、同じような熱さで語り合ってくださる方ならなお喜ばしいです。
ちなみに筆者はアトム推しです。推しに対して愛が重くても許してほしい。


 

★☆そもそもMARGINAL#4とは?☆★
というのは誰かがまとめてくれるだろうと思うので私が好きなマジフォーちゃんの話をします。
ちなみに後述する楽曲のすべての曲の視聴は公式サイトで視聴可能です。 MARGINAL#4公式
マジフォーはアトムくん、ルイくん、エルくん、アールくんの4人で構成された「銀河の果てまでKISSを届けるアイドル」です。どうです?ドキドキしません?筆者はハロオタなので初期スマイレージの「日本一スカートが短いアイドル」ってフレーズを思い出してドキドキしました。いい意味でも、悪い意味でも。
歌割がほぼ均等で出されるシングルはユニット曲2曲とそのシングルでのデュエットが2組1曲ずつ2曲って感じです。そしてアルバムには3枚分の楽曲12曲すべてと新曲2曲が入っています。つまり今からでもアルバム3枚手に入れればすべて聞けるってことです!なんだそれ!すごい!
しかも公式サイトにはワンコーラス分すべて視聴がついていて、シングル毎にPV(立ち絵と歌詞が付いてるだけのものですが)があります!わ~~お良心的作業BGMにも最適!

というわけでこの記事ではアルバムStar Cluster(通称スタクラ1)に載せられている14曲を紹介したいと思います。
前回はリリース順でしたが今回はアルバム聞きながらでも見やすいようにアルバム単位での曲順のままにさせていただきます。

Star Cluster

■STAR SYMPHONY #4
遊園地のように、宝箱のように、キラキラが降ってくる王道アイドルソングBPMがそんなに速くないんですが、終盤のラップがテンポよくて気持ちいいですね。
奇跡を体現していく彼らの自己紹介ソングでもあるんですかね。なんたって今から初めてマジフォーに触れる、という人が手に取った1stアルバムの最初の曲なんですから。

 ★100万回の愛革命(REVOLUTION)!★

■100万回の愛革命(REVOLUTION)!
全ての始まりの曲。ギュンギュン鳴り響くギターがカッコいい。MARGINAL#4という銀河に輝くスーパーアイドルの誕生にふさわしい曲。サビのワンフレーズごとにリップ音が降ってくるのも最高ですね。
この頃まだアトムくんが初々しくて「ニドトハナサナイカラ」と棒読みの台詞にニヤニヤしてしまいます。
「銀河の果てまでKISSを届けるアイドル」なんてキャッチコピーを引っさげて現れた彼らを体現する革命者としてのカッコよくセクシーな曲です。布教の際に42曲から3つおすすめ選べと言われたらこれを選びますかね。

■妄想遊戯者(DREAMER)
なんつーエロいことを口走ってんだソング。この頃はまだマジフォーちゃん尖ってた。アトルイデュオって4曲あるんですが、ハニーポット以外は全部ロックなんですよね。推しに「6(SIX)と9(NINE)で舐めあえ!」って言われることそうそうないです。

■燃えよ!LOVE★MUSCLE
1stシングルから女性歌詞でこんな世界観で出したのがすごい。「愛の筋肉」ってなんだよ。でもそれを大真面目に歌うからかっこいいんですよね!キャッチーなフレーズがリフレインするダンスロックなんだけど、サビでゆったりメロディになるのもクセになる。実はファンからの支持も多い怪曲。個人的にはサビの「LIP to LIPを R.I.P to R.I.Pまで 」って掛け方はほんと好き。銀河の果てまで届くようなキスから紡ぎ出されるR.I.P… おたく安らかに死ぬ…。

■超(SUPER)弾丸ラヴァー
語尾が下がってくのがかっこいい。シンプルにカッコいい8ビートロック。胎盤(せい)から墓場(し)まで。ユニゾンがかっこいい。サビでユニゾンからソロへと繰り返すの超楽しいんですよね。ライブで楽しい曲だよ絶対。 

動画を読み込み
 
 

★LOVE★SAVIOR★

■LOVE★SAVIOR
2ndまではリリース期間が空いたと聞いています。一回だけの企画モノで終わらなかったマジフォーの執念の2枚目。マリンテイストで贈るキラーチューンはサビで合いの手が入れられます。BANG×BANG!!

■永遠夢中KISS
夏のセックスソングって感じ。いろんな意味で(歌詞読んでください)アツいバンドサウンド。ドラムの音が気持ちいい。サビの(No!No!)とか(Yeah!Yeah!)が可愛い…。
セックスの果てに「ふたり変貌(か)われるかな!?」って言うのが何とも寂寥感ありますね。夏だなあ。

■恋せよ乙女!
清く正しく恋愛ソング。歌詞カードの顔文字がめちゃめちゃめちゃりてぃに可愛いので見てください。清純4つ打ちのラブチューン。でも彼との名前を入れてツイート検索したり、わざと気になる人がいるって炎上Diary付けるあたりが一筋縄でいかない現代の女の子って感じで可愛い。

■We’re EGOISTIC STAR
16ビートのゴリゴリのダンスチューン。 
AメロからノリノリなBメロに入ってそのままサビに移行すると思いきやゆるやかなCメロで牽制しつつ、16ビートのサビで盛り上げるという、脳汁ドバドバ曲。「キス一丁で」とマジフォーの掛け声も入ってるのがなんともたまらない。ライブがあるならこれで燃え尽きるのが本望。
企画続行の奇跡を後押しするのはまさにマジフォーの愛の軌跡。 

動画を読み込み
 
 

★MASQUERADE★

■MASQUERADE
仮面の下に本音を隠すように、情熱的なラテンのリズムに乗る難しい旋律を易々と歌い上げるという技巧派楽曲。
個人的にワンコーラス目にアトムソロが偏ってるので音楽番組で披露するならアトムくんばっかり画面抜かれるな〜!なんてニヤニヤしてしまいます。
これまではアトム-ルイ、エル-アールっていう歌詞の割り振り方だったんですが、この3rdシングルからいろんな組み合わせで歌割されてます。この3rdではデュエット通り、アトム-アール、ルイ-エルですね。

■GALAXYLINER
タイトル通り銀河鉄道です。ゆったりめのイントロから段々と加速していくのがまるで列車の発車を体現するようで面白い。Bメロで加速したのを一度Cメロで落としてからサビでもう一度軌道にのるっていう緩急がひたすらにかっこいいですね。「to night」に「two knight」を重ねるのはベタだけど、この夜空を駆ける列車とカッコいいアトムくんとアールくんが浮かんで好きです。どこまでも連れて行って欲しい。

■O/Z
タイトル通りオズの魔法使いです。まるで不気味な森に迷い込んだようなイントロから始まるのは哀しい物語。曲調は実は力強いゴシック風味のダンスロックです。恋に落ちるように愛の迷宮(ラビリンス)に迷い込むというストーリーと解釈するなら、まさに恋に恋して盲目な状況と、全てが碧色のエメラルドシティの住民が緑色のメガネをしていることに通じるでしょう。

OVER THE RAINBOW
ミディアムバラード。2014年のリジェフェスでも披露されました。
O/Zの歌詞の中で「虹よ、何処に?」と問いかけながら次の曲が虹とは…と思いますが、むしろ3rdシングル自体がそのような物語構成なのかもしれません。仮面舞踏会で妖艶に躍り狂う彼らが、一方では銀河鉄道に乗り、一方では愛の迷宮(ラビリンス)に迷い込む、そして再び4人は虹の向こうへと貴女を連れて永遠を歌う……。だからイントロがオルゴール風なんですかね?思えば「列車」も「迷宮(もしくは寓話自体)」も「恋」の暗示のような気がします。そこに入り込む、降りる。3作目の終着点はまるで映画のように美しかったのです。余談ですが3rdシングルはタイトルが英語縛りな上にすべて大文字ですね。

動画を読み込み
 
 

■「もう涙を隠さないで」
アップテンポ中心のマジフォーの中にもバラードが数曲あります。これもその一つです。バックトラックも音数が少なく、この4人の曲を聴かせるぞ!!という強い力を感じます。 

動画を読み込み
 
 

 

以上、次の記事に続きます。